FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



かく言うわたしも、以前は、恥ずかしいことに
顎関節症の治療として咬み合わせの調整を行っていたこともありました。

天然の歯を削ることはありませんでしたが、
歯医者の手が加えられた咬み合わせを調整していたことがあります。
対象は、詰め物(インレー)やかぶせ物(クラウン、アンレー)、
矯正をしてうまく咬まなくなった歯でした。

難しい話になりますが、「入れ歯で痛い」のは、
咬み合わせを整えると治ることがままあります。
本来、咬むべき位置と、入れ歯の咬み合わせが違う場合です。

わたしは入れ歯を専門的に勉強していたため、
(専門用語ではホテツ科と言います)
咬み合わせには一般的な歯医者よりよく知っているつもりでしたし、
上手に合わせることができるという自負もありました。

入れ歯と顎関節を同じに考えていたんですね・・・。
ホテツ科のドクター(仮歯で調整するのに自信があるドクター)は、
なまじ、ウデに自信があるだけに、
この落とし穴にひっかかってしまうことが多いのではないでしょうか。

調整すると、左右が均等なきれいな咬み合わせになりますし、
患者さんも「良くなった」と言います(気を遣っただけかもしれませんが)。
しかし、次に来院したときには、以前の咬み合わせでななくなっています。
患者さんも何かしら不満や症状を訴えます。


何かおかしいと思いました。

「プラシーボ効果」という言葉をご存知でしょうか。

プラシーボとは偽薬という意味です。
ビタミン剤(偽薬)でも、「痛み止めだよ」と医者に渡されると、
少々の痛みなら痛くなくなってしまう
というものです。

咬み合わせの調整にも同じことが言えます。

咬み合わせの調整をすると、
「歯医者が削ってくれたんだからきっと効果があるのだろう」
と思うことで、良くなった「ように」感じてしまう
のです。

実際には効果があるかないかはわかりません。
しかし、次に来院したときに症状があるということは
治っていなかったと考える方が妥当ではないでしょうか。

こうして、

  咬み合わせは顎関節症の大きな原因ではない

と思うに至りました。
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://drtmj.blog55.fc2.com/tb.php/19-21e2626b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。