FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



長々とお話ししてきましたが、簡単にまとめると、

  顎関節症の大部分は筋肉の過緊張

ということです。

つまり、

  多くの顎関節症の原因は「筋肉の疲労」

です。
拍子抜けしましたか? ですが、これが真実です。

一日中、上下の歯を接触させ続けているのは、
一日中、歯を動かし続けているのは、
一日中、顎の筋肉を筋トレしているのと同じです。
痛くなって当然なのです。

口が開かないという症状は、顎関節の筋肉の疲労に、
顎関節という関節の代謝が悪くなることが加わって起きます。
これは近いうちに詳しく書きます。

顎を動かす筋肉は耳や頭の近くにあるため、
顎の筋肉の痛みを頭痛や耳鳴りと間違えてしまうのです。
また、場所が場所だけに病態以上に深刻にとらえてしまうだけです。

一部のマスコミは必要以上に恐怖心をあおります。
ですが、このように顎関節症はそれほど恐ろしい病気ではありません。

何度も書きますが、
顎関節症は恐れるに足りません!
お悩みの方は希望を持ってください!
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://drtmj.blog55.fc2.com/tb.php/24-abb701df
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。