FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



開口障害の典型的な経過をお話ししましょう。

まず、何かのきっかけ(関節に余計な負荷がかかっている場合が多い)で
関節円板が本来の位置より前に移動します。
開くには開きますが、カクンとかポキンとかいった音がなります

関節円板がもっと前に移動すると、邪魔になって開きにくくなります、

顎関節は左右にあります。
どちらか片方の円板だけ前にズレると、口が斜めに開くようになります。
たとえば、右が正常で左がズレている場合、
左だけ引っかかるので、顎が左に寄って開きます。

そして、関節円板がさらに大きくズレると、、開けられなくなります、

さらに、開かない・開けにくい・開けるのが恐いからと開けないでいると、
今度は関節の代謝が悪くなり、、開けるときに痛みが伴う、ようになります。

これが開口障害の一つのパターンです。
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://drtmj.blog55.fc2.com/tb.php/30-52286770
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。