FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



口が開かない(開けにくい)タイプの顎関節症を根本的に解決するには、
落ちてしまった関節円板を何とかしなければなりません。

関節円板を動かしてしまう原因は、
まずは、日常的に顎の筋肉を使う習慣が挙げられます。
関節円板は顎関節の軸にゆるやかにしか着いていないので、
余計な力がかかると落ちやすくなります。

TMJ-teni
出典:顎関節症はこわくないtmd

また、顔や首の骨(主に頚椎の上部)が、
回転していたりズレていたりすると、顎関節に負担がかかり、
関節円板が落ちてしまう危険性が高くなります。

つまり、こういったことを解決しなければ、
一時的にロックを解除できても、
しばらくすると開けにくくなってしまう可能性が高いのです。

開口障害の根本的な解決法は、
やはり、悪い習慣と骨格的なトラブルを改善することです。
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://drtmj.blog55.fc2.com/tb.php/33-fa8d0d6e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。