上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



わたしも人間ですから、顎関節が痛くなることがあります。
患者さんはこの何倍も苦しんでいるに違いない・・・。

ですから、痛い、つらい・・・お察しします。

ただ、

「動かさない関節は、ますます動かなくなる・痛くなる」

のです。

ですから、痛くても恐くても、
どこかで思い切って動かしてみる必要があります。

  *これは「痛くて開かない」顎関節症に限ります。
  *また、程度にもよります。
  *さらに、正しい方法で行わなければなりません。
  *絶対に、ご自身の判断や独自の方法ではなさらないでください。
  *場合によっては症状が悪化することもあります。


使っていない関節や筋肉を動かすのですから、
当然ですが、最初は痛みます。


ストレッチ、リハビリだと思ってください。
ストレッチもリハビリも、痛くないところでやっていても、
効果がありませんよね。

骨が折れたり、筋肉が切れたりすることはないかと
質問をされることもありますが、大丈夫です。
歯医者は、患者さんの体を壊すようなことはいたしませんよ(笑)。
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://drtmj.blog55.fc2.com/tb.php/37-34af50e1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。