FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



顎関節症の治療で矯正をする方も多いように見受けられます。

しばらくは「矯正とは何か」「矯正と咬み合わせ」についてお話します。

まずは矯正と詰め物やかぶせ物の治療の違いについて説明しましょう。

矯正は、ミリ単位・・・ときにはセンチ単位で歯を動かしますす。
一方、詰め物やかぶせ物などの一般歯科は、数十ミクロンの仕事です。

  矯正治療=ミリ(センチ)
  一般的な歯科治療=数十ミクロン

矯正は大きく歯を動かすことはできますが、
数十ミクロン単位で歯を並べることはできません。

一般歯科は細かな咬み合わせを調節できますが、
ミリやセンチといった仕事はできません。


よく、歯科治療、咬み合わせの治療として
一緒くたに語られますが、まったく異なるものです。

どちらが優れているとか劣っているとか、そういったことではありません。
単純に「対象とする分野が違う」のです。
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://drtmj.blog55.fc2.com/tb.php/39-b2a87353
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。