上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



顎関節症を治すのに矯正を勧められることがあります。

「顎がズレているから矯正をしましょう」と言われるそうです。
オペを勧められた患者さんも少なからずいます。

矯正や手術をすると顎関節症が良くなるのでしょうか。

まず、矯正をする前に疑問に思って頂きたいことがあります。

  顎がズレていなければと顎関節症にならないのか?
  それ以前に「顎がズレる」とはどんなことなのか?
  美しい歯並びなら顎関節症にならないのか?


顎関節症の構造のお話で書きましたが、人間の顎はズレるものです。
左右に動かせば顎はズレますね。
大きく開けるときは軸がお皿からはずれます。
また、レントゲン写真を撮るときの位置でズレて写ることもあります。
あるいはX線が斜めに当たればズレて見えるかもしれません。

顎関節が左右非対称だと、顎関節症のリスクにはなるかもしれません。
ただ、成長の過程で非対称になったのであれば、
体の適応変化だと考えることもできます。

また、顎関節症は多くのリスクが積み木のように積み上がって発症します。
オペをする前に除くべき大きな「積み木」があるのではないでしょうか。

  *「非対称になってきている」場合は問題です。
  *つまり、顎関節の変形が進行している場合です。

美しい歯並びなら顎関節症にならないのでしょうか。
芸能人は、職業柄、理想的な歯並びの方が一般の人より多いです。
しかし、先日の記事でご紹介をしたとおり、顎関節症になる人も多いように感じます。

矯正治療を否定するものではありません。
ただ、矯正をするのであれば、顎関節症の治療ではなく、
単純に歯並びを良くすることを目的にするべき
だと思うのです。
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://drtmj.blog55.fc2.com/tb.php/41-6b348887
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。