FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



「口を大きく開けると、顎関節の軸はお皿をはずれて(乗り越えて)前に出る」
(下顎頭が関節突起を乗り越え、下顎窩から前方に移動する)
とお話ししました。

この動きは自分でも確認できます。

顎関節は耳の前あたりにありますので簡単にさわれます。
ためしに耳の前をさわりながら口を大きくあけてみてください。
何かがボコっと前に移動するのがわかるはずです。

これが「軸がお皿をはずれて前に出る」様子です。

  もし前に出なければ、あるいは出ても痛んだら
  あなたは顎関節症かもしれません


繰り返しになりますが、
このお皿から軸がはずれるという点が
腕や脚の関節にはない、顎関節にユニークなところ
です。
お皿からはずれるから、大きく動くことができるのです。

裏を返せば、軸がお皿を乗り越えて前に出ないと、
口を開けられる量が極端に小さく
なります。
こうなると日常に支障を来たすようになり、顎関節症ということになります。
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://drtmj.blog55.fc2.com/tb.php/6-a6c282e1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。